耐震工事でお悩みの方!防災家具という選択もあります!

株式会社エリアプロジェクト

045-299-9080

〒224-0001 神奈川県横浜市都筑区中川4-12-1-101

営業時間 9:00〜18:00 定休日 年中無休

ブログ

耐震工事でお悩みの方!防災家具という選択もあります!

防災グッズについて

2017/02/20 耐震工事でお悩みの方!防災家具という選択もあります!

耐震工事でお悩みの方!防災家具という選択もあります!

 

sumaho2

 

大地震が起こってしまった場合、

耐震性の低い住宅・建物では天井が落ちてきたり、壁にひびが入ったり、最悪の場合倒壊してしまいます。

 

良く東日本大震災の時は大丈夫でしたという方がいらっしゃいますが、

あの時、横浜は震度5弱しかありませんでした、、、

 

震度5弱と震度6弱・6強ではレベルが違います。

 

【震度5】

多くの人が身の安全を図ろうとする。吊り物が大きく揺れ、食器類や書棚の本が落ちることもある
窓ガラスが落ちて割れ、電柱が揺れる。ブロック塀が倒れることもある。

【震度6】

立っていることが困難になる。未固定の重い家具の多くが移動・転倒する。かなりの建物で壁のタイルや窓ガラスが破損する。
6強 這わないと動けない。 未固定の家具のほとんどが移動・転倒する。補強されていない大半のブロック塀が倒れる。

 

地震が各地で起こり、地震になれてしまっている日本。

本当に強い揺れが起こってしまった時には遅いのです。

 

地震との勝負は「地震直後」です。

阪神淡路大震災ではわずか15分のうちに家の倒壊・家具の転倒による圧死・窒息死で多くの方が亡くなってしまいました。

 

地震対策は「命を守る対策」をしておきましょう。

 

ただ、耐震工事は平均156万円ほどかかると言われています。

いつくるかわからない大地震になかなか出せる金額ではありません。

 

そういった大地震への不安があり対策をしておきたいのに

コスト・工事期間・借家などなど様々な問題があります。

 

そこで建築士や家具職人によってつくられたのが

「防災家具」という耐震グッズです。

 

詳しくは防災家具ページへ→ http://are-pro.com/furniture/

 

 

東京ショールームもございますのでお気軽にご相談ください。

 

「まちの地震対策屋さん」

株式会社エリアプロジェクト

〒224-0001 神奈川県横浜市都筑区中川4-12-1-101
045-299-9080
営業時間 9:00〜18:00
定休日 年中無休

Facebookページはこちら
http://bit.ly/2fy9qR6

TOP